コーチは魔法使い (2)

先日の続きです・・



コーチングはコンサルと異なりコーチが答えを出す訳ではありません。


なんとなく元気になったとか、

成果が出るようになったとか・・


コンサルタントのように具体的な何かを提案して、

結果を出す訳ではないので、

成果物が不特定なことが多い・・

 



組織に対して、コーチ二人で行う、

システムコーチングというものがあります。



システムコーチが良くいうことがあります。



「組織に働きかけて、上手くいったケースの場合、

その場の人達は何が良かったの分からないけど、とりあえず良くなってる。

そして、『私たちってそんなに空気悪くないよね?アレ?コーチまだ居たの??』

ってなってしまうので、ちょっとだけ寂しい時がある・・(笑)」と。



コーチが関わらなければ上手くいかない場であり、

コーチが関わったからこそ場が動いたにも関わらずです。



笑い話のようですが、

実際、パーソナルなコーチングでも、

そんなコーチングを受けると、「アレ?何悩んでたんだろう?」って

なることが多いから不思議です。(笑)



だとしたら、コーチは魔法使いのようだと思いませんか?



コーチが「何かやってやる!」と意気込んでも場は動きません。



その場の人達が自分の力で場を動かす必要があるからです。

それを信じて関わる。

それこそが、コーチに問われる在り方です。



人にはそれぞれエゴというものがありますから、

もちろん、そのエゴはコーチにもあります。



「なんとかしてあげたい」


「結果を出したい」



そんなエゴで関わっても、

どうしたって目の前の人には伝わってしまう。



だからこそ、本当の意味でコーチングは難しいし、

双刃の劔だと私は思っています。



なので、エゴまみれの私はあんまり使わない(笑)

コーチングセッションを普段あんまりしないのもそんな理由もあります。




このコーチングですが・・

実は、その人の「在り方」しだいでスキルはあまり必要ないんですよね。



こんなことをいうと、身も蓋もありませんが・・。( ´∀` )




ただ、自分にコーチングを導入するのは非常に効果はあると思います。


例えば、組織で部下にコーチングを受けさせて変化を起こしたいなら、

先ずごご自身が先に受けることをオススメします。



変わらなければならないのは、

部下や他人ではなく、自分自身なのだと自覚することで、

組織は大きく変わっていくと思います。



「いつでも変化するべきものは自分自身である。」



そう思います。



データキット 石橋


⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!

++++++++++++++++++++++++++++++  

e0021813_16575553.png













++++++++++++++++++++++++++++++
e0021813_17513443.gif







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
← 建築関連のブログはこちらへー。

[PR]
# by gintonicdiving | 2017-11-04 15:28 | Comments(0)

コーチは魔法使い (1)

みなさま、こんにちは!


久々にコーチングのお話しを・・


最近巷ではコーチングという言葉が定着してきました。


先日、弊社主催で行っフォーラムのご登壇者で、

元google の人事責任者をなさっておられた

ピョートル・フェリークス・グジバチ氏も15年程前から

コーチングを取り入れて来られているそうです。


もはや、怒りや権力で人を動かす時代ではありません。


コーチングには人を主体的に動かす力があります。


だからといってそのスキルを乱用するのも実は良くないと思っています。


何故ならコーチングを受けている方もバカではないため、

「自分をコーチングでコントロールしようとしてるんじゃない??」

って思うようになるからです。(笑)


そうなると、コーチングの効果はあまり期待できなくなるんです。



本場アメリカでは、ToDoを問うコーチングも盛んですし、

実際欧米人は「結果にコミット」(どこかのCMにもありますが)

するためにコーチングを利用したりします。


それはそれでやる気のある人に対しては、

ある程度の効果は得られますが、

やはり限界があるといわれています。


それは、人には感情が伴うから。


コーチングとは本来コーチングスキルよりも、

コーチの在り方の方を問われるものだと私は思っています。


続く・・


データキット 石橋


⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!

++++++++++++++++++++++++++++++  

e0021813_16575553.png













++++++++++++++++++++++++++++++
e0021813_17513443.gif







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
← 建築関連のブログはこちらへー。


[PR]
# by gintonicdiving | 2017-11-03 13:51 | 雑談 | Comments(0)

みなさま、こんにちは!

先日の続きです。


学んでみて思ったこと。


一つ目に、

自分は案外、論理的思考を持ってはいるけど、

表現する方法を知らなかった~って実感したこと。


二つ目に、

普段から触れている、論理的思考だと思っていたこと自体が、

まだまだ浅く、もっと奥深い!と感じたこと。

でした。



人は直感や決め打ちで、結論を導き出していることが多い。


その結論に持っていきたいが為の仮説、検証

をしていることが多いと感じました。


それはつまり、MECE(漏れなくダブリなし)になっておらず、

全ての仮説を包括していない可能性があるということです。


MECEにするには、「ロジックツリー」が有効です。

頭の中だけで考えず、イシュー(解決するべき課題)に基づいた

仮説を立て、検証をするためにツリー状に文字を起こします。

その際、「why?true?」を繰り返し、仮説の幅を広げます。

自分で作ったロジックツリーをみると

抜け漏れに気付きやすくなるというものです。



リフォーム会社さまのお話しで、

「他者の真似をしてみたけど上手く行かなかった」

とお伺いすることがあります。



そういったケースでも、

「自社にもあてはまるのか?」というイシューを立て、

仮説と検証を繰り返してみると、机上のみで結論を導き出せ、

余計な出費を防げることに繋がるのでは?と思います。



「PDCAを早く回しましょう」というのが今の流行ですから、

「色々考えずまずやってみる!」という声が聞こえてきそうですが、

これはそれ以前・・


「目的の為の手段」の、つまり戦略を立てるタイミングに有効です。


自分たちがどんなマーケットでどんな戦略を立てるのか?


思いついた戦略で本当に勝てるのか?


限りある資源を投じる訳ですから、

より勝てる戦略をとる必要がありますし、

その為にも非常に効果的だと思います。


ただ、この思考、慣れるまではかなりな時間を要します。(笑)


それは、意識していないとつい自分の思考癖に戻ってしまうから。


でもその思考癖に気付いていない人も多いです。
(毎回、みんなも唸ってました 笑)


でも、先ずは思考って癖があるんだ!って

気付くだけでもちょっとした変化は生まれると思います。


「ロジックツリー」は検索すると色々とでてきますので、

ご興味のある方は是非試してみてくださいね。



この論理的思考、一つだけ注意しないといけないことがあります。


決して、奥様や彼女との感情的問題には使わないこと!

使って失敗した方の生エピソードは結構笑えました。(笑)


じゃあ、どうやったらいいのかって??


それは、Try & Errorの精神で学びを深めてみてくださいませ(笑)


[PR]
# by gintonicdiving | 2017-10-25 10:00 | Comments(0)

みなさま、こんにちは!



先日まで、「クリィカル・シンキング」


を学びに学校に行っておりました。



クリィカルとは英語で、


「批評的な」という意味があります。



「ロジカルシンキング」といわれれば、


知ってるという方もいらっしゃるでしょう。



ロジカルシンキング(=論理的思考)に対して、


「ホントにそうなの?」と「why?true?」を繰り返すことで、


より精度の高い結論へと導くことが可能となります。



この学校、某外資系企業にお勤めの友人に紹介してもらったのですが、


「みんな凄いから必死でついていかないと振り落とされんで!」


って忠告されてた通り、授業は楽しかったですが、


毎回の予習と課題はやっぱり吐きそうでした。(笑)



講師は東大卒で大手企業に勤めたのち、


大手外資系コンサル会社のコンサルタント経験もある方。


そして、受講生はやはり一流企業にお勤めの20代〜30代の男性が中心で女性は僅か。


それもおばちゃんは私一人(笑)



ホントなら気後れしそうな環境ですが、


ワクワクして参加したからか、


気さくなみなさんと、


わかりやすく、興味深い講義を楽しめました。



続く・・



データキット 石橋


⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!

++++++++++++++++++++++++++++++  

e0021813_16575553.png













++++++++++++++++++++++++++++++
e0021813_17513443.gif







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
← 建築関連のブログはこちらへー。



[PR]
# by gintonicdiving | 2017-10-24 13:00 | Comments(0)

読書の秋 その1 

みなさん、こんにちは!


秋ですね~


読書の秋なので、色々本を読んでいます。



その中の1冊から・・



先日、ホリエモンこと、


堀江貴文氏の「本音で生きる」を読みました。


歯に衣着せぬ物言いで有名な彼の本を


一冊も読んだことが無かったので好奇心から読んでみました。


読んでみた感想として・・


基本、本音で生きてる私としては、至極当たり前のことを言ってるようで


正直、その部分は新しい発見とまではいきませんでした。



逆にそんなに人って本音を語れないのか~という感じでした。



私は割と思ったことを口に出します。


言いにくいことも言えたりします。




もうちょっと、うまく立ち回ったらいいのに・・


と思うこともありますし、本気でやろうと思えばできるのでしょうが、


余りしたくないのが本音です。(笑)



なぜかっていうと、


私自身が人の本音を感じ取っちゃうことが多いから。




どんなに上手く取り繕っていても、


人はどこかで本音が漏れ出してるもんです。



だったらいっそ、「私はこう思ってる」って、


誠実をもって伝えた生き方の方が余程潔いんじゃない? と思っています。

(自己満かもです 笑 )


それって日本ではリスキーな要素がも多いですが・・



とりあえず、言い方には気を付けたいですね。(汗)





他にも、彼は本の中で、仕事のこなし方を述べています。



「未来を語ってばかりでは仕方ない。


今やりたいことをやり、今やるべきことをこなしていくことが重要。」



ここも全く同感です。


常に「今」しかないんですよね。


自分に来たメールも仕事も忙しいからとか、


なんだかんだとこなさないのはありえない。


片っ端から片付けるそうです。


そして、自分が不得意な仕事は自分でやろうとせずに得意な人に任せる。



自分がやるべき仕事をきちんと把握し、それ以外は切り捨てる。


時間を無駄にしない。


時間と行動が大切だといっています。

そして、人の何倍もの情報を仕入れて忘れてしまう。



何故なら、必要な情報は覚えているから。



めちゃくちゃロジカルであり、


と、同時にめちゃくちゃ自分の感情に忠実・・




結局、今の自分の感情を大切にしてるってことですね。


そんな、「 本音で生きてない人」は


この本でちょっとは背中を押されるのかなぁ~とは感じました。



「ホリエモンだからできることでしょ?」




・・ではなくて。



選択しているのはいつも「自分」なんでしょうね。




データキット 石橋

⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!

++++++++++++++++++++++++++++++  

e0021813_16575553.png













++++++++++++++++++++++++++++++
e0021813_17513443.gif







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
← 建築関連のブログはこちらへー。

[PR]
# by gintonicdiving | 2017-10-18 12:55 | Comments(0)

あなたに会えてよかった

みなさま、こんにちは!



今日は、ペットのお話から・・


先日、久しぶりの友人から、

長年飼ってた愛犬を亡くしたことを聴きました。


13年・・買い始めた当初から知ってた私は、

もうそんなになるの?って驚きと共に、深く共感しました。


彼女は、愛犬の「彼女」が居なくなってしばらくの間、

どうしようもなく落ち込むので、周りから「次のペットを飼ったら?」

とアドバイスを受けたりしたそうですが、

今も全くそんな気持ちになれないと言います。


実は私も高校の頃一度愛犬を手放しています。


それ以来、どうしてもペットを飼う気になれませんでした。


お別れの前日、私の涙を舐めて拭ってくれた、

「彼」の表情は今も忘れていません。

ですが、昨年、うちに猫がやってきました。


「彼女」とはまさに出逢いであり、衝撃の衝動飼いでした。


息子にずっとせがまれつつあまり乗り気では無かった私ですが、

「この子なら」って何故か思ってしまったのです。


ペットを亡くした彼女を思うと、

いつかうちにもまた、

辛い別れがやってくるんだと思います。


辛いのは愛してるから。


モフモフの「彼女」を抱きしめながら、

今、ココにいてくれることをいつも感謝しています。


最近.愛するには覚悟が必要だと思うようになりました。


いつか来る別れを受け入れること。

そして、それまで悔いのないよう愛すること。


それはペットだけではなく、人に対しても同じ。


家族や友人、大切な人との別れはいつか必ずやってきます。


それは明日かもしれない。


人は明日もあると思うから、今をなおざりにしてしまう。


伝えたい想いも、言葉も、明日は伝えられないかもしれないのに。


そう思うと、

今、想いを伝えなければならないのかもしれません。


「一緒にいてくれて、ありがとう」と。



先日、歌手の小泉今日子さんが愛猫と過ごした日々のことを想いながら、
ご自身の曲を唄っておられたのがとても印象的でした。


たくさん、伝えていきたいな。


「あなたに会えてよかった」って・・。


データキット 石橋

⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!

++++++++++++++++++++++++++++++  

e0021813_16575553.png













++++++++++++++++++++++++++++++
e0021813_17513443.gif







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
← 建築関連のブログはこちらへー。

[PR]
# by gintonicdiving | 2017-10-04 13:01 | Comments(0)

みなさま、こんにちは!


突然ですが・・


10月25日(水)弊社主催で、

「ITフォーラム 2017 in 神戸」を開催いたします。

http://www.datakit.co.jp/forum/index.html


講師は、元Google人材開発担当者で、

現在も、管理職育成、組織開発をコンサルティングされている、

ピョートル・フェリークス・グジバチ氏をはじめとする、

名だたる企業の皆さまにご登壇いただきます。


個人的にもめちゃくちゃ楽しみにしています♪

普段なかなか聴けない方のお話って

めちゃくちゃ為になると思うんです!

でも、中小企業にはあまり関係ないって

思ってらっしゃる方も少なくないのかな?

だって、組織も業態も違うし、真似できないし・・。



ところで、今の私の学びの場は、

一部上場の大企業でバリバリ働く若い人達ばかりなんです。

彼らを見ていると、思考、発想、頭の回転の速さ、

どれを取ってもすごい!!と感じます。

でも、ホントのところ私達と何が違うんだろう?

そう考えると、実はそんなに変わるところはないのかな~って。


違うのは、人より頭に入ってる情報量が圧倒的に多い点と、

それを活用できる力を持ち合わせていること。


中でも一番大きなものはそれを動かす「高い意識」です。

いくら勉強ができてもマインドが低ければ、

高みを目指すことはできないでしょう。


高い意識を持っているから、勉強もするし、情報が手に入る。


全てにおいてです。


私は、情報や経験はお金を払ってでも得るべきだと思っています。

情報を得るために、人より行動し、人より勉強する。

「高い意識」を持って。

これなら、誰でもその気になればやれるはず!



一見、関係ない世界の人達の話しの中にも

触発されたり、私達に使えるエッセンスが詰まっています。



「何か一つでもいいから得る!」という貪欲な意識を持つ!


そんな気持ちで聴いてきます。


そして、たくさんの方にも是非聴いていただきたいです。

今ならまだ空きはございます。


お申込みお待ちしております~(^^)



http://www.datakit.co.jp/forum/index.html

e0021813_14080514.jpg





























データキット 石橋

⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!

++++++++++++++++++++++++++++++  

e0021813_16575553.png













++++++++++++++++++++++++++++++
e0021813_17513443.gif







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
← 建築関連のブログはこちらへー。

[PR]
# by gintonicdiving | 2017-09-29 14:09 | ためになる話 | Comments(0)

貴方だからできること

先日、「人にしかできないこと」についてお話ししました。

今日はその続き・・。

先日、今の学びでご一緒させていただいている、

プログラマー&SEの方と人工知能について

熱く語れる機会に恵まれました。(笑)


その方は人口知能の開発をしていて、

現在、人工知能にプログラムする情報を収集しておられるそうで・・。


その方曰く、「最近、AI(人工知能)と良く言われるようになったけど、

要は昔より今のコンピュータの演算速度が早くなったことで、

より膨大な情報量をスピーディーに処理できるようになっただけ。

だからそれにより、人がやるべき仕事は無くならない。」と。


「本当にそうでしょうか?」私はそこで異論を唱えました。


「確かに人にしかできない仕事はきっとこの先もなくならないでしょう。

でも、人で無くてもできる仕事は確実に「AI」のお仕事になっていくはず!」だと。


実際これまでも、ATMや自動改札機などの導入により、

人員の削除が実現してきました。


銀行は便利になりましたが、

鉄道関係などはその分人員が要らなくなったのは間違いない事実です。


自動改札機の導入は30年近く前からになりますから、

既にその頃からIT化の波は始まっていたということになります。


そして、この先も急速にこの傾向は進んでいくことでしょう。


要因の一つに、この先も進んでいくであろう深刻な人材不足があげられます。

そこを補完するためにもAIの進歩は急務ともいえるでしょう。



一見、良いことのようにも思えますが、本当にそうでしょうか?


それは逆に働きたくても働ける職種の枠が限られてくる・・

例えば単純作業が好きな人でも

システムがやってしまうならその場は提供されなくなるということなのです。


私達中小企業が時代の流れを肌感覚で感じるには

タイムラグがありますから実感できるのはまだ先になるでしょうが・・。


だからこそこれから私達は、

「人にしかできない」仕事を選択しなければならないのです。


人にしかできない仕事とは、

芸術的や直感的な感性でモノに命を吹き込める仕事・・




そして、「感情と関わる」仕事です。



なぜなら、AIには感情がないからです。



現在、人工知能に感情をプログラムする試みがなされていて、

近い将来感情を理解するAIも出てくるだろうと言われています。


でもね、考えてもみてください。


それをプログラムするのは、「人」なんですよ。



冒頭の彼は、言いました。


「感情でもなんでもプログラムするのは人。

だから、完成するAIはプログラムする人によって

影響されることは否めないだろう。」と。



人には感情や感覚を読み取り察する能力があります。

そこは、人工知能の真似できないところなのです。



では、それに関する職業とは?


リフォーム業でいえば、職人さん、

そして、営業さんなど直接人と関わる仕事がそれにあたります。


ただのモノの売り買いならAIでもできますが、

相手の感情を理解し、寄り添えるのは、

人にしかできないこと。


それこそが、人にしか・・いや、自分にしかできない、

まぎれもない「人にしかできないこと」なのです。


是非、「貴方だからできること」をみつけてくださいね。



データキット 石橋

⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!

++++++++++++++++++++++++++++++  

e0021813_16575553.png













++++++++++++++++++++++++++++++
e0021813_17513443.gif







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
← 建築関連のブログはこちらへー。

[PR]
# by gintonicdiving | 2017-09-01 10:27 | Comments(0)

人にしかできないこと

先日、船井総研様のフォーラムに行って参りました。

たくさんのリフォーム会社様が集まり、

中には何人ものユーザー様にもお目にかかれた嬉しい機会となりました。


このフォーラムですが、

実はリフォーム会社だけではなく、

船井さんがコンサルティングしている様々な企業様が

年に一回、一堂に会する大掛かりなもので、

その規模、船井総研様の組織力とパワーに

改めて驚かされたフォーラムでもありました。


組織が成長するにはどうしたら良いのか?


ここで船井総研様の採用時の必須条件をお伝えしますと・・


「素直」「プラス発想」「勉強好き」


だそうで、こんな方に来ていただきたいのは、

業界問わずどこの企業様も同じなんじゃないのかな~って思いますね。


要は、企業を成長させるには、人材がものすごく重要!

ということですね。


日本の若者の人口減少傾向はこの先まだまだ続きます。


AIの発展により、近い将来必要とされなくなる職種も確実に出てくるでしょう。


手塚治虫氏の火の鳥に出てくるような世界もあながち絵空事ではなく、

現実のものとなる未来が近い将来やってくるのかもしれません。


人口知能は、人がプログラムするものであり、

その演算能力に人は及びませんが、

人間独特の感情や質感を真似ることは難しいと言われています。


私達は今のうちに、自分を磨かなくてはなりません。

人ではなく、「人口知能」がライバル!

なんて未来になる前に・・。



では、どう磨けばいいのか?



「素直」「プラス発想」「勉強好き」


これって結構ヒントになりそうですね。



批判的で頭でっかち、自分はこれでイイのだ!

って自分の限界を決めてしまう人に、

そもそも成長の余地はないでしょう。


そんな人は、例え「超」頭でっかちでも、

批判もせず、黙々と新しいことを覚えていく

AIにかなうはずもないのですよ。


だから、素直に柔軟に前向きに自分を磨いていきましょう。

そして、人にしかできないことに特化しましょう。



じゃあ、


「人にしかできないこと」って??


それはまたの機会にお話ししますね!



データキット 石橋

⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!

++++++++++++++++++++++++++++++  

e0021813_16575553.png













++++++++++++++++++++++++++++++
e0021813_17513443.gif







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
← 建築関連のブログはこちらへー。

[PR]
# by gintonicdiving | 2017-08-30 15:45 | Comments(0)

君の名は。

先日、遅ればせながら映画「君の名は。」を見ました。

ただの恋愛映画だと思い込んでいたので、

それほど期待していませんでしたが、見てみて驚きました!

これは、若い人だけではなく、大人も楽しめるアニメだなぁ〜って。


ここからは、ちょぴっとだけネタバレです!

映像の素晴らしさは、

メディアで何度も取り上げられていた通り、

緻密で、特に新幹線に良く乗る私は、

「新幹線の<のぞみ>のシート、模様そのままやん~!」

って、テンション上がってしまいました(笑)

監督の新海誠氏は、

この映画の「ログライン」を2つ設定していたそうです。

1つ目は、

『夢で出会った少年少女がやがて現実でも出会う話。』

これは、普通の男女に突然起こる不思議な恋愛のお話しで、

ロマンティックで若い男女にフックする内容となっています。

2つ目は、

『夢のお告げを受けた少女が、人々を災害から救う話。』

こちらは、若い男女が力を合わせて困難を克服し、成長していくという、

ヒーローズジャーニーの要素を含んだ、

物語をただの恋愛話で終わらせない流れとなっています。

子気味の良いスピード感で進んでいく展開は最後まで目が話せません。

すごく作り込まれてて

確かに人を惹きつけるものがあると感じました。

監督はこの映画の中に、

沢山のメッセージを込められたそうなのですが、

その中で私が特に気に入ったのは、

「忘れてしまうけど忘れずにいよう」というメッセージ。

くだらないことも含めて、

人はホントに忘れたくない大切なことさえ悲しいかな忘れてゆきます。

だけど、人の思考のもっと奥底にある潜在意識はその全てを覚えています。

忘れるとは、消えて無くなるということではなく、

私達の中に「在るけど思い出せない」ということなのです。


私は、人生とはその忘れていた大切な事を

一つひとつ想い出していく作業だと思っています。

それらを想い出す為に沢山の出来事は用意されていると・・。

大切な人や想いや願い・・そして目的。

映画のテーマでもある、「大切な人の名を想い出したい」


その切なる願いに、私達の潜在意識はどうしたって

反応しちゃうんではないのかな?

そんな風に感じました。

受け取り方は様々・・


貴方は何を感じますか?



データキット 石橋

⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!

++++++++++++++++++++++++++++++  
++++++++++++++++++++++++++++++
e0021813_17513443.gif







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
← 建築関連のブログはこちらへー。

[PR]
# by gintonicdiving | 2017-08-02 15:53 | 雑談 | Comments(0)