人気ブログランキング |

みなさま、こんにちは!


年が明けたと思ったらあっという間に半月過ぎてしまいました。


改めまして、本年もどうぞよろしくお願いいたします!m(_ _)m


年明け早々、外出が多く、本年一発目の企業さまは京都でした。


お昼をご一緒しながら、

自社が取り組んでこられた事を色々とお話しいただきました。


こちらの企業さまは「ランチェスター経営」を本格的に学ばれて現在実践中との事。


私も何となくは存じてはおりましたが、

お伺いするとなるほど理に叶った実践方法だと感じました。


そして現在、ランチェスターとは言いませんが、

そういった戦略展開しておられる企業様が増えて来られたように思います。


簡単に言うと、「地域密着で売上を立てる為に、エリアを決めてそれ以外をバッサリ切り捨てる」というもの。


「バッサリ切り捨てる」と言われて、ドキッとする経営者もいらっしゃると思いますが・・。


「戦闘力=武器効率×兵力数」


というランチェスターの公式から捉えると、

弱者・・この場合、中小企業は兵力(営業の数)では大手に劣るので、武器効率を上げるしかありません。


武器効率とは営業力です。


では、営業力とは?


優秀な営業と言いたいところですが、

それだと属人的になってしまい、

自社サービスの均一化が図れません。


どの地域の、どんなお客誰に、どんなサービスを、どの様に提供するのか?

それらを企業が明確にし、そこに兵力(=営業)を注力することで、武器効率アップに繋がります。


話しが遠回りしましたが、

その一つに「エリア外を切り捨てる」選択が必要だという事になります。


経営者としては、かなりな思い切りが必要だと思います。


だから、上述のご代表もおっしゃっていた通り、実行はなかなかに難しいと感じます。


ご代表の印象的な言葉がありました。


「世の中には戦術で溢れているけど、

戦略の方が大事なんですよね〜」


マーケをちょこっと学んだ私としては物凄く同感しました。


巷では、ノウハウ系のセミナーが多い。


業務効率などシンプルなもの・・

いわゆるhow-toで何とかできるものはそれもアリだと思いますが、

企業の戦略となれば話しは別です。


KSF(成功要因)は?


コレ抑えたノウハウで無ければ、やってもあんまり効果は期待できないだろうなぁって感じます。


私達は、誰に何を売りたいのか?


そして、その人達は私達を選んでくださるのか?


シンプルにいえばコレだけです。


そのために、武器効率を上げるのか?兵力を増やすのか?


今は人材不足ですから、そう簡単に人を・・

ましてや、良い人を増やすなんて奇跡みたいな事です。


であれば、企業の戦略を変えて良い人を育て定着させるしかありません。


自社の戦略・・


改めて見直し、それを全員へ共有することをおすすめします。



by gintonicdiving | 2019-01-17 10:55 | Comments(0)