地震大丈夫でしたか?

皆さま、こんにちは!

先日の地震では、皆さま大丈夫でしたでしょうか?

私はお客様とのお約束があったので、
いつもより1時間早い電車に乗っておりました。

三ノ宮にもうすぐ着くなーって時、
一斉に緊急を知らせるアラームが鳴り響きました。

座っていた私は揺れに全く気付かず、
(電車は元々揺れてますからね)
直ぐ停止しても、誤報かな・・??って。

ですが、直ぐにツイッターで震度6と知り、
続けて、友人達からの「大丈夫だった?」
メッセージで事の大きさを知りました。

その後、30分程電車の中で缶詰になった後、
三ノ宮駅迄電車は運んでくれましたが、
当然誰も来ていない会社には、神戸市営地下鉄やバスで出勤したメンバーが
ちらほら出勤した以外は全員自宅待機。

結局、交通機関は動かなかったので、
臨時休業とさせていただきました。

お陰様で弊社の社員及び、家族は皆無事でした。

ですが、被害に遭われた方には
心からお見舞い申し上げます。

この一週間は余震の可能性があるとのこと。

どうぞ皆さまくれぐれもお気をつけくださいね。


[PR]

by gintonicdiving | 2018-06-19 08:21 | Comments(0)

ちょっと思ったこと

みなさん、こんにちは!


最近、ちょっと思ったことを・・




転職活動で転職サイトのエントリーシートの記載では、

なるべく詳しい情報を入れた方がいいとされています。


しかし、中には自分の意気込みを伝えたい気持ちが先走って、

前職で受けた仕打ちをつらつらと書き連ねているものもあり、

「それって良くないよ!」って伝えたくなることがあります。



これを読んでいるみなさんは、

「そんなの当たり前じゃん?」って思う方も大勢いらっしゃると思いますが・・



若さもあるからでしょうか?

自分の視点からしか物事が見れずに、

そういった発想になってしまう方も中にはいらっしゃいます。



企業の視点から見ると、そういった捉え方をする方は、

「この人は、次のところ・・自社に来ても、また同様に、

先輩や上司、会社のせいにするんだろうな・・」と判断します。



際前職で、「上司が・・とか、会社が・・」などと言ってる人は大抵の場合、

次の場所でも、上司や先輩、会社のいずれか、

又は、いつくかに不満を抱えることになります。



何故か?というと、自分だけの視点しか持っていないからです。



ほんの少しでも、「その時先輩はどんな気持ちで伝えてくれてるんだろう?」とか、



「自分の何が相手にそういった発言をさせるんだろう?」などといった視点が持てたら、

理解し合えない部分はあるにせよ、

恨みをつのらせて辞めるというところにまでは至らないからです。



あらゆる事には、真反対の視点があります。



例え自分にとっては不都合な現象であっても、

真逆から見ればある意味当然の結果であることは非常に多いです。



もし、自分の中に不純なものが一切ないにも関わらず、

理不尽で、不当な扱いを受けたと思うのであれば、

静かに次の場所に移動することをおすすめします。

そこが、活気あり、心穏やかにいられる場所であれば、

貴方は間違ってなかった・・という、それが証明になるでしょう。



ざわつく出来事はその場所で解消するべき事です。

もし、場所を変えたなら、またそこでも解消を求められることになります。



解消できれば、おのずと次の場所は用意されます。



目の前の出来事は全て貴方の為だけに用意されたものなのですから。



是非、今いる場所に光を見つける努力をしてくだい。



その努力の一つに、先にあげた、

パラダイムシフト(著書「7つの習慣」にあります)=視点の移動があります。



それは、パワフルな味方となってくれるでしょう。



えっ?偉そうなことを言って自分はどうなんだ?って??笑



もちろん私だって日々騒ついていますとも。笑



でも、騒つくことはあっても、

自分自身パラダイムシフトを意図的に行う努力をしています。



そうする事で、自分以外の͡コトはどうあれ、

自分の改善点を見つけることはできます。

(見つけても直ぐに改善って難しいのですがね。笑)



でもそれは、自己の成長に繋がります。



折角生きてるのですから、成長していきたいですよね。



とても難しいことですが、少しづつ意識してチャレンジしてみてください。



そうしたら、エントリーシートの文面も

きっと全く別のものになるに違いありません。



そんな貴方を企業は求めているのです。




今日は神奈川です。


今日も頑張ってまいりましょう!!(^^)!



[PR]

by gintonicdiving | 2018-06-12 09:19 | Comments(0)

その時の最善は今の最善ではない

今朝、以前一緒に働いていた仲間が夢に出てきました。

相変わらずの、らしい行動と発言を受けて、
何が最前なのか?と夢の中で思い悩む自分がいました。

同じ時間を共に働いてきた仲間とは、
時にぶつかり合ったりもしましたし、
相手も当然納得のいかないこともあったと思います。


弊社のミッションの一つに、
「伝え合い聴き合う・・」というものがあります。

この「伝え合い聴き合う」ということは、
実はとても難しいことだと思います。

何故なら相手を信じていなければ
本当の意味で伝えることも聴くこともできないからです。

それよりも排除してしまう方が格段に簡単で、楽な方法でしょう。

でも、それだと本当の解決にはなりません。


何故ならば、目の前の現象を抹殺しても、
必ずまた、同じようなことが形を変えて現れるからです。

目の前の課題は自分自身の課題であることが非常に多いです。

私自身、昔は嫌だし面倒だからって、
逃げたり、目の前から削除してきたことはたくさんありました。

でも結局何が起きたのか?というと、

やはり「姿を変えてまた同じようなことが目の前に現れる」でした。

そのことに気付いてからは逃げることを辞めました。

だけど・・逃げてはいなくても、
自分の行動は本当にこれで良かったのか?

それは、いつも心の片隅から離れない想いでした。

そして、それを改めて思い出しました。

過去を振り返ってばかりいても仕方はありません。

だけど、クリアできなかった課題を解決するヒントは
過去の自分自身の中にあります。

自分にもまだ出来ることはあったのではないのか?

「その時の最善は今の最善ではない。」

改めて何か大きなメッセージを与えられているような気がしました。

今の最善を求めるようにと・・


データキット 石橋

⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!

++++++++++++++++++++++++++++++  

e0021813_16575553.png













++++++++++++++++++++++++++++++
e0021813_17513443.gif







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
← 建築関連のブログはこちらへー。

[PR]

by gintonicdiving | 2018-06-05 18:49 | Comments(0)