人気ブログランキング |

本質を見る

皆さま、こんにちは!

久々の投稿です。

先日、某勉強会で登壇させていただきました。
その際、基調講演なさっていた、社長のお話しが大変勉強になりました。

この企業様は、働き方改革に力を入れておられ、論理的且つ、真理を突いた教育をされていおり、私が尊敬する社長のお一人でもあります。

自分達のライフスタイルを大切にする時代。
とても素晴らしい事だと思います。

でも、ただ休みを増やすだけや、ただ自由にできるようにするだけでは、ダメなのです。

有給の取れなかった人は、最初、とても恐縮して、有り難がるのに、
何年かすると、当たり前の様に権利を主張するようになる・・

仕事が終わってなくてもです。

これ、めちゃくちゃ共感しました。

何故なら、20年以上も私が疑問を持って来たことと全く同意見だからです。

人は与えると最初は有り難がりますが、
慣れると当然になり、不足分を嘆くようになります。

年齢は関係ないですが、若いと順応性が高い分その傾向は強いともいえます。

そうやって、どこまで与えても自分達の主義主張の正当性を訴え、
聞き入れてもらえなければ、不平不満となる。

では、どうやったらそうならず、せめて当たり前に働けるようになるのか?

褒めて育てる時代なので、褒めるとか?

いやいや、ただ感謝して褒めてるだけでは、褒められるのが当たり前になるので同じです。

では、飴とムチ?

ちょっと過激ですね。(笑)


20年以上前に観た、ラース・フォン・トリアー監督の映画「ドッグヴィル」

この・・人の本質を空恐ろしく描写したこの映画は、
自分の中にモヤモヤした問いを持ち続けるキッカケとなりました。

自分の中にもあるであろうその感覚をどうやったら自制できるのか?

どうしたら、そうならずに済むのか?

自分で気付くことはとても難しい・・

特に経営者は、社員に仕事してもらわねばなりません。
全員が喜び大満足してるって会社は中々無いでしょうが、
ある程度納得して頑張ってもらう必要は必ずあります。

人は、納得しないことをやり続けるのは、
苦痛でしかありません。

我慢が美徳だった昭和とは異なり、令和に生きる若い人達は、
我慢することを美徳などと考えません。

だから、自分達がある程度納得のいく働き方を求ます。

その塩梅を、上手にされてるなぁと、勉強させていただきました。

こちらの社長は、負債を受け継いで今の業績にまで企業を回復させました。

きっと今まで死ぬ想いで戦って来られだのだろうと推察しました。

大きな挫折は、大きな宝を得るチャンスでもあります。
そこからきっと本質を見極める目を得ることができたのだと思います。

挫折に目を背け続ければ、気付きはあり得ません。
物事の本質は挫折や絶望の中にあるからです。

そして、物事の本質が見えなければ、いつまで経っても改善されることはないでしょう。

これは、個人だけではなく、企業も同じだと思います。

データキット 石橋

⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!

++++++++++++++++++++++++++++++  

e0021813_16575553.png













++++++++++++++++++++++++++++++
e0021813_17513443.gif







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
← 建築関連のブログはこちらへー。


# by gintonicdiving | 2019-07-08 08:56 | Comments(0)

今、この瞬間を大切に!

みなさん、こんにちは!

今日は雑談です。先日の通勤電車でのこと。

FBで愛犬の死について触れていた知人の投稿を読んだ私は、
不覚にも車内で涙してしまいました。(T ^ T)

「ただそばにいてくれるだけでいい」

このワードに響いたからでした。

我が家にも猫がいます。

猫の「だいず」を抱きながらいつも思います。

「来てくれてありがとう。いてくれるだけでこんなに私は幸せでいられる。」と。

同じ事を子供達にも感じながら育ててきました。

様々な雑事に思い通りにいかず苛立つことはあっても、
究極に言えば、そんなことも目の前に子供達の存在が「在る」からでした。

彼らからは数え切れない多くのことを教えられました。

親に感謝しなさいと良くいわれますが、
私はお互い様だと思っています。

たから、私の方こそ感謝しかありません。

ただ、存在がありがたく、愛おしい。

これが、「愛」なんだと思っています。

条件付け無しの、そのままの「存在」を愛する。

ペットは人間より早く逝ってしまう。

だから、「お別れ」を思う時や、ふとした時、
たまらなく目の前の存在を奇跡みたいに思えて、愛おしい・・愛してると感じるのです。

同時に、そんな「存在達」に私は支えられています。

この感覚は、この世に存在する最も尊い奇跡だと私は思っています。

誰かがそれを「至福」だと言っていました。

幸せは、悲しみや喜び、愛しさや切なさと共に私達の心の中に存在しています。

今、この瞬間を大切に。

データキット 石橋

⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!

++++++++++++++++++++++++++++++  

e0021813_16575553.png













++++++++++++++++++++++++++++++
e0021813_17513443.gif







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
← 建築関連のブログはこちらへー。


# by gintonicdiving | 2019-03-26 08:26 | 雑談 | Comments(0)

前回のつづき!

みなさん、こんにちは!


今日はちょっとだけ重めのお話しなので、苦手な方はスルーしてください。



先日、運のお話しをしました。


みなさんもできれば「運」を引き寄せたいですよね?


でも、運は姿がみえません。



なので、信じるも信じないのも・・とどうしてもなってしまいます。


では、なぜ人は神仏に手を合わせ拝むのでしょうか?


商売繁盛、イイご縁に恵まれますように・・


いずれも良い運が巡って来てくれるように祈るのです。


それってなんとなくでも・・



この世の中には目に見えないけど、

人知の及ばない存在を人が本能的に感じ取っているからじゃないでしょうか?


それが、神仏なのか、宇宙のなんかしらの存在なのかは私にも分かりません。


ただ、いくつもの偶然が重なれば、

それはもう、なんかわからんけどなんかあるんかな?って思うしかなくなります。


先日こんな事がありました。


なんとなく目にした情報から、自分の産土神を調べてみました。

産土神とは、自分が産まれた土地に祀られる神様の事です。


それはなんと!!


私と同じ名前でした。更に漢字も一文字同じ。


私の名前を付けた父方の祖母は全く知らなかった事です。


こんな偶然やたまたま・・といった事が私の人生では数え切れないほどあります。


だからこそ、私はいつも誰かに守っていただいていると思っています。


宗教は信仰していないので、それがご先祖様なのか、神さまなのか分かりません。


でも私にとっては、どうでもいいことです。


感謝して、自分自身の心や魂に背いた生き方さえしていなければ良いのかな?と思うから。


神仏にお願いをしても叶わないことはたくさんあります。

むしろ、現実はうまくいかないことの方が多いのかもしれません。



先日、「一時は死を覚悟した」という経営者様のお話しを伺いました。


その絶望した気持ちが私にまで伝わって来て、心が震えました。


人生のどん底にあって、這い蹲り、それでも諦めずに

生き抜いた人間に運は味方してくれるのだと改めて思いました。


そして私は、人生における絶望も決して悪いものでは無いと思っています。


そこに自身が、学ぶべき沢山の事が詰まってることも多いですから。


この平和な日本で普通に暮らしていれば、

自分の事で悩み苦しむ時間は十分にあります。


逆に言えば、自分だけの事で悩める時間とは、

とても贅沢で貴重な時間であるということ。


先に述べた経営者の方は自分のためではなく、

家族や会社のためにご自身の心を砕き、死を覚悟しました。


私達の魂が成長すれば、自分のためだけではなく、

大切な人達のために自分を使うようになります。


そしてそれは、家族や世の中のためへと拡大していきます。


そうすると運は味方してくれるようになります。


自分の私利私欲の為だけでは、運はずっとは味方してくれないという事です。



だから、周りのことを考えず悪口をまき散らし続けるのは利己的であり、

周りを不快にさせるという点で良い運を引き寄せられないのはある意味当然のことなのです。



自分の想いはエゴからくるのか?それとも・・


自分を含めた家族、会社、社会という大きな視点でどうなのか?



人にはそれぞれ使命があり、それぞれの場所で頑張る事になります。

会社の役割もそうですが人生の役割もそうです。



自社の神棚に祈る時、どんなことを祈っていますか?



祈りとは感謝することです。



うまくいっていることはもちろんですが、

うまくいかないことでさえも感謝して祈る。



それらは自分に気づきを与えてくれる学びの種だからです。



転んでもただでは起きない精神で参りましょう!


今日はこの辺で~(^^♪



データキット 石橋

⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!

++++++++++++++++++++++++++++++  

e0021813_16575553.png













++++++++++++++++++++++++++++++
e0021813_17513443.gif







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
← 建築関連のブログはこちらへー。

# by gintonicdiving | 2019-02-12 10:13 | Comments(0)

皆さん、おはようございます。

先日、友人と話してたときの事・・

彼女が派遣された職場では、

ある人達がいつも特定の人の悪口を言ってるらしく・・

彼女はソコとは適当な距離を置いて、

当たらず触らずの対応をしているけど、

聞こえてくるし聞いてて不快でしょうがないと・・。

私も思い当たる事があります。

愚痴とか悪口は言うてる方は自覚ないから気付かないけど、

聴いてる方は実はしんどいです。

悪口で盛り上がって仲間意識を高めるのも一つの手法ですが、

みんなが同じ価値観とは限りません。

同意できない人間にとっては拷問でしかないのです。


以前、私は職場の先輩の悪口を聴き続けて

難聴になったことがあります。笑

でも普通、抗うのはしんどいですから相手に合わせる・・

または、自分も言われてる人を嫌いになって一緒に悪口をいう

・・ってのも多いパターンです。

相手が悪いんだから言われて当然!

ってことにすれば自分自身の罪悪感は薄れますからね。


みんな価値観が異なりそれぞれが自分の価値観を大切にしています。


だからそことズレれば愚痴になる。


よって愚痴のない人間はいないと思います。

ただ、一つのコミュニティに属したら、

自分の思い通りにいかない事はたくさんあります。

それに付随する感情はあくまで個人的なもの。

それを提案ではなく、陰で文句ばかり言うてるのは公私混同・・

単なる個人的なストレス解消をそこで行っているに過ぎません。


そしてそれを聴かされている人間は毎日「毒」を浴びせ続けられることになります。

逃げられない場所だからこそ、

そういった愚痴や悪口は外でやるべきだと思います。

新しい職場でいきなりガッカリさせられる新人の気持ちを少しでも考えられる大人なら、

誰かれ構わず毒を撒き散らしたりしないものですから。

そして、そういう人間は間違いなく「運」から見離されます。

ここぞという時に運に応援してもらえないのです。

ママ時代、こんなエピソードがありました。


気軽に入ったクラス役員が私以外全員、前クラスからのグループ。

あらら・・

そんなの知らなかった私は、周囲から同情されつつも、しゃーない!

早速ボスママの悪口攻撃開始!

周りが、「そうよね〜」と繰り返すのを

苦笑しながら薄ら寒い気持ちで聴いていたのを思い出します。

結局その数年後、そのボスママがどうなったかはここではお伝えしませんが、

本当に困った時、その場に居たメンバーの誰一人として

彼女に手を差し伸べる者はいませんでした。

誰かを責め続けても何一つ良い事などありません。

ベクトルを自分の外側に向けてる限り、

自分の首を締め続けていることと何ら変わりないのです。

相手を攻める気持ちがあってもいいけど、

その後必ず自分にベクトルを戻すこと。


思考やベクトルを自分に向け、

良い方向に改善し続けることで運気は上昇します。


この「運」・・なかなか侮れません!
どんなに努力してても、運を味方にできなければ努力は実らないですからね~

と、いうことで本日はこのへんで・・

この続きはまた次回に~♪

データキット 石橋

⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!

++++++++++++++++++++++++++++++  

e0021813_16575553.png













++++++++++++++++++++++++++++++
e0021813_17513443.gif







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
← 建築関連のブログはこちらへー。

# by gintonicdiving | 2019-02-02 11:44 | Comments(0)

みなさま、こんにちは!


年が明けたと思ったらあっという間に半月過ぎてしまいました。


改めまして、本年もどうぞよろしくお願いいたします!m(_ _)m


年明け早々、外出が多く、本年一発目の企業さまは京都でした。


お昼をご一緒しながら、

自社が取り組んでこられた事を色々とお話しいただきました。


こちらの企業さまは「ランチェスター経営」を本格的に学ばれて現在実践中との事。


私も何となくは存じてはおりましたが、

お伺いするとなるほど理に叶った実践方法だと感じました。


そして現在、ランチェスターとは言いませんが、

そういった戦略展開しておられる企業様が増えて来られたように思います。


簡単に言うと、「地域密着で売上を立てる為に、エリアを決めてそれ以外をバッサリ切り捨てる」というもの。


「バッサリ切り捨てる」と言われて、ドキッとする経営者もいらっしゃると思いますが・・。


「戦闘力=武器効率×兵力数」


というランチェスターの公式から捉えると、

弱者・・この場合、中小企業は兵力(営業の数)では大手に劣るので、武器効率を上げるしかありません。


武器効率とは営業力です。


では、営業力とは?


優秀な営業と言いたいところですが、

それだと属人的になってしまい、

自社サービスの均一化が図れません。


どの地域の、どんなお客誰に、どんなサービスを、どの様に提供するのか?

それらを企業が明確にし、そこに兵力(=営業)を注力することで、武器効率アップに繋がります。


話しが遠回りしましたが、

その一つに「エリア外を切り捨てる」選択が必要だという事になります。


経営者としては、かなりな思い切りが必要だと思います。


だから、上述のご代表もおっしゃっていた通り、実行はなかなかに難しいと感じます。


ご代表の印象的な言葉がありました。


「世の中には戦術で溢れているけど、

戦略の方が大事なんですよね〜」


マーケをちょこっと学んだ私としては物凄く同感しました。


巷では、ノウハウ系のセミナーが多い。


業務効率などシンプルなもの・・

いわゆるhow-toで何とかできるものはそれもアリだと思いますが、

企業の戦略となれば話しは別です。


KSF(成功要因)は?


コレ抑えたノウハウで無ければ、やってもあんまり効果は期待できないだろうなぁって感じます。


私達は、誰に何を売りたいのか?


そして、その人達は私達を選んでくださるのか?


シンプルにいえばコレだけです。


そのために、武器効率を上げるのか?兵力を増やすのか?


今は人材不足ですから、そう簡単に人を・・

ましてや、良い人を増やすなんて奇跡みたいな事です。


であれば、企業の戦略を変えて良い人を育て定着させるしかありません。


自社の戦略・・


改めて見直し、それを全員へ共有することをおすすめします。



# by gintonicdiving | 2019-01-17 10:55 | Comments(0)

皆さま、こんにちは!

先日、娘の誘いで「ボヘミアンラプソディ」
見に行って来ました。

Queen のフレディ・マーキュリーの物語を映画化した作品です。

私は彼のこと、彼らのことは知っていましたが、
ドンピシャ世代ではなく、ファンでもなかったので、
娘に誘われても、別にいいよーって特に期待もなく・・

でも…ものすごく良かったです!!

Queenの曲はCMなどいろんな場所で使われてるので、
聴いたことがない人はほとんどいないと思います。 

フレディ・マーキュリーのことはニュースで知っていましたが、
彼がどんな人だったのかをこの映画を通して少しだけ触れることができました。

最期まで、自分を貫き全力で走り抜けた天才。

彼の存在は今なおこの世界で抱える様々な問題を体現している・・そんな風にも感じました。

いつも思いますが、どんなアーティストも作品を通してその人達の生き様が垣間見えた時、
人の心は強く動かされます。

同じ様にどんな人にもその人なりのドラマがある。

そこにほんの少しでも寄り添えたら・・

私達はもっと分かり合えるし、
もっと優しくなれるのになぁって・・。


今日は東京へ研修です。

行って参ります!^ ^

# by gintonicdiving | 2018-12-08 10:35 | 楽しい話 | Comments(0)

皆さま、おはようございます!


今日は松山にてセミナー講師をさせていただきます。


「伊丹空港より松山空港行き」


予想通りプロペラ機です。


個人的にプロペラ機が好きな私は

ちょっとテンション上がりました。笑


何故プロペラ機が好きかというと、

飛行高度が低いので美しい景色を眺めながら空を満喫出来るからです。


ただ、今回は非常口の通路側


だから、窓際の方の前に乗り出す訳にもいかないので、

遠巻きに眺めよう・・


そう思っでおりました。


ところが・・


突然乗務員さんから声をかけられました。


「宜しかったらあちら側が空いてるので、

お席を移動なさいせんか?」


みると反対側の非常口側の席が二つとも空いています。


「いいんですか?」とご厚意に甘えて移動すると、

「よろしかったら手荷物をお隣に置いてください」とお声掛けいただいたので、

隣のシートに置きますと私の手荷物にもシートベルトをかけてくださいました。笑


「このシートは緊急時、お手伝いいただきますがよろしいでしょうか?」


もちろん「はい!」です。(^^)/



またまたしばらくすると、乗務員さんがトイレから紙を持ってきて、

「驚かせて申し訳ございません・・」


なになに?と思ったら


私の隣のシートの背もたれに、


「てんとう虫」がいるではありませんか!


子供の頃から「てんとう虫」が好きで

良く見つけては遊んでいた私なので全然嫌じゃなくて、

むしろ預かって到着したら放してやりたかったなぁ〜って・・


その後も、膝掛けをくださったり、

飲み物をくださったり(こちらは全員ですね。笑)


何度も飛行機には乗っていますが、こんなに乗務員さんとお話ししたのは初めてでした。


とても短いフライトでしたが、

綿菓子みたいな雲の絨毯と、雲間から差し込む光のカーテン・・

美しい自然も眺められたし今日も色々ラッキーでした!



実は私、ここのところ落ち込む事がいくつかあり、

正直、ブログを書く気持ちにあまりなれなかったんです。



でも、ようやく長いトンネルを抜けて元の自分を取り戻せました〜♫



また前(上)を向いて歩いていきます!



今日1日も頑張りましょう!p(^_^)q



# by gintonicdiving | 2018-11-27 12:23 | 楽しい話 | Comments(0)

本日より、東京ビッグサイトにて、
「Japan Home & Building Show 2018」が3日間開催されす。

弊社も例年通り出展いたします。

私は入社以来、皆勤賞をいただけるほど全て参加して参りましたが、
今回より若手にお任せすることとなりました。

展示会はずーっと立ちっぱなしで疲れますが、
ユーザー様や沢山のお客様とお会い出来るので、
疲れも吹っ飛ぶ達成感が毎回ありました。

参加当初は手探り状態の中、仲間と試行錯誤しながら創り上げてきました。

そして毎回、より良いものにブラッシュアップしながら一回一回を大切に創ってきました、

中には一生懸命過ぎて、悔し涙を流す仲間もいたり・・

そんなみんなの沢山の想いが詰まってるからこそ今があるんだと思います。

今も決して大きく派手なブースではありませんが、
データキットらしさをお届けできるものになっていると思います。

是非、私達のブースにお立ち寄りください!

お待ちしております。(^^)



# by gintonicdiving | 2018-11-20 10:12 | ためになる話 | Comments(0)

最近、とてもたくさんのSAKSAKのお引合いを頂戴しております。



今、住宅は私よりずっと若い営業が主に対応させていただいているのですが、

彼と話す時はいつも「お客様の為」・・そのフレーズが出てきます。


彼はちょっと硬いところはありますが、実直で誠実です。


調子イイだけの営業は一見、良く売りそうに思えますが、

それはひと昔前の話し・・

なぜなら、今のお客様は昔と違い、

ある程度の情報は直ぐに手に入れられるので、

上手く言いくるめることは難しいからです。


そして、得た情報ありきで営業が求められることはその根拠です。


根拠とはその情報を「信じて良いかどうか?」


それには、目の前の営業が信頼できるかどうか?です。


軽いノリや小賢しい説得だけでは企業を代表する人の目を誤魔化すことはできません。



そこには、商品だけではなく、

お客様と真摯に向き合う姿勢が必要だと私も彼も思っています。


だからこそ、お客様にお選びいただいてるんだとも思います。


彼はまだまだ、成長途中


いつまでも「初心忘るるべからず」でお客様に向き合ってもらいたいと思っています。


そして、お客様には改めまして・・

SAKSAKをお選びいただいてありがとうございます!m(__)m



データキット 石橋

⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!

++++++++++++++++++++++++++++++  

e0021813_16575553.png













++++++++++++++++++++++++++++++
e0021813_17513443.gif







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
← 建築関連のブログはこちらへー。

# by gintonicdiving | 2018-11-09 17:31 | Comments(0)

皆さま、こんにちは!すっかり秋ですね~♪



ところで先日、某大手メーカーの幹部研修のお手伝いで、

久々にコーチングをしてきました。


通常コーチングは1対1で行うのですが、

ワークショップ形式でグループに別れて人のコーチが2名を担当して行いました。



短いセッションを交互に何度か行っていると、

お二人それそれの溢れる想いが込み上げ、

その後、その場は前向きでクリアなエネルギーへと昇華しました。


毎回目にするその光景に、いつもこちらまで魂が震えます。


若いお一人からは、

「新しい自分に気づけました・・しっくりいきました!」


ベテランの管理職の方からは、

「痛いところを突かれましたが行動に移します!感謝!」


そうおっしゃっていただきました。


コーチは鏡となり、目の前の方の本質を映し出します。


それって実は、その人の中に既に在るもの・・

それは、気付いてなかったり、気付いてたけど、

日頃は見なかった事にしているものだったりします。


鏡を見て・・

「あっ、こんなとこにほくろが!気づかなかった~」だったり、

このシミ薄っすら見えてるけど、見なかったことにしよう」だったり(笑)



そこに気付けて、前に進もうと決意できるかは、

クライアントさんの意思次第です。

特に、耳の痛い事を受け止め拾えるのは、

その方の成熟度も必要なんだなぁって改めて感じました。


そして、そんなクライアントさんからコーチも沢山のパワーをいただきます。



実はコーチング・・一時の魔法に過ぎません。


明日になれば、また日常の現実に戻ってしまいます。


でも、いつも思うことがあります。


自分の中に埋もれてたキラキラしたもの・・

それを見つけられた人はとても強いです。


そのコアな自分を忘れずにさえいれば、

どんなに苦しくても必ずそこに戻って来られる・・


そして、そんな自分自身からパワーがもらえるようになります。


自分自身の中に、枯れることのないパワーを生み出すことができるようになるのです。



素敵じゃないですか?(^^)



また、コーチング始めてみたくなりました。



データキット 石橋

⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!

++++++++++++++++++++++++++++++  

e0021813_16575553.png













++++++++++++++++++++++++++++++
e0021813_17513443.gif







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
← 建築関連のブログはこちらへー。

# by gintonicdiving | 2018-10-30 12:35 | Comments(0)