読書の秋 その1 

みなさん、こんにちは!


秋ですね~


読書の秋なので、色々本を読んでいます。



その中の1冊から・・



先日、ホリエモンこと、


堀江貴文氏の「本音で生きる」を読みました。


歯に衣着せぬ物言いで有名な彼の本を


一冊も読んだことが無かったので好奇心から読んでみました。


読んでみた感想として・・


基本、本音で生きてる私としては、至極当たり前のことを言ってるようで


正直、その部分は新しい発見とまではいきませんでした。



逆にそんなに人って本音を語れないのか~という感じでした。



私は割と思ったことを口に出します。


言いにくいことも言えたりします。




もうちょっと、うまく立ち回ったらいいのに・・


と思うこともありますし、本気でやろうと思えばできるのでしょうが、


余りしたくないのが本音です。(笑)



なぜかっていうと、


私自身が人の本音を感じ取っちゃうことが多いから。




どんなに上手く取り繕っていても、


人はどこかで本音が漏れ出してるもんです。



だったらいっそ、「私はこう思ってる」って、


誠実をもって伝えた生き方の方が余程潔いんじゃない? と思っています。

(自己満かもです 笑 )


それって日本ではリスキーな要素がも多いですが・・



とりあえず、言い方には気を付けたいですね。(汗)





他にも、彼は本の中で、仕事のこなし方を述べています。



「未来を語ってばかりでは仕方ない。


今やりたいことをやり、今やるべきことをこなしていくことが重要。」



ここも全く同感です。


常に「今」しかないんですよね。


自分に来たメールも仕事も忙しいからとか、


なんだかんだとこなさないのはありえない。


片っ端から片付けるそうです。


そして、自分が不得意な仕事は自分でやろうとせずに得意な人に任せる。



自分がやるべき仕事をきちんと把握し、それ以外は切り捨てる。


時間を無駄にしない。


時間と行動が大切だといっています。

そして、人の何倍もの情報を仕入れて忘れてしまう。



何故なら、必要な情報は覚えているから。



めちゃくちゃロジカルであり、


と、同時にめちゃくちゃ自分の感情に忠実・・




結局、今の自分の感情を大切にしてるってことですね。


そんな、「 本音で生きてない人」は


この本でちょっとは背中を押されるのかなぁ~とは感じました。



「ホリエモンだからできることでしょ?」




・・ではなくて。



選択しているのはいつも「自分」なんでしょうね。




データキット 石橋

⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!

++++++++++++++++++++++++++++++  

e0021813_16575553.png













++++++++++++++++++++++++++++++
e0021813_17513443.gif







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
← 建築関連のブログはこちらへー。

[PR]
by gintonicdiving | 2017-10-18 12:55 | Comments(0)

建築・リフォーム会社に必要な業務管理システムとは? 顧客管理、利益管理、工事管理、見積作成、情報共有はSAKSAK  ”顧客満足のために”


by gintonicdiving
プロフィールを見る
画像一覧