時はお金以上の財産なり

先日、時間の話しをしました。

最近、時間ってとても大切だなーって強く思うようになりました。

年齢のせいですって??
まぁ、それもあるんでしょうが・・(-_-)

1日24時間って、どんな人にも等しく与えられている。

眠るのも、仕事するのも、遊ぶのも、24時間。
それは、年齢も、年収も、環境も関係ない。

どんな風に1日を過ごすのか?
その1日は自分にとってどんな意味を持つのか?

時間を無駄に消化してしまったって思うのと、
お金を無駄遣いしてしまったって思うのと、
良く似ているのけど、やっぱり違う。

だって、お金はまた入ってくるけど、
時間は戻ってこないから・・。

そういう意味では、時間の価値って
とてつもなく大きいのだと思います。

そんな風に思うと、自分の時間の過ごし方を
意識できるようになるのではないでしょうか?

1日を寝て過ごしてしまったとしても、
自分の身体を癒すのに大切な時間であれば
それでイイんだと思いますし、

DVD見て1日過ごしたとしても、
自分にとって、得るものがあるのならそれもまたヨイと思います。

仕事だって同じです。
なぁんにも考えず、ただ時間消化しているだけなら、
その日1日、何も得ることなく終わってしまう。
お給料はいただけますが・・。

人との時間も、嫌な人と我慢して過ごしているだけでは、
ホントに勿体ない時間になってしまう。

最近、人の時間を頂戴することにも、
貴重な時間をいただいてるんだナーって強く思うようになりました。

誰かと時間を共有すると言うことは、
=大切なものを共有することになります。

だからこそ、大切に想う人と過ごしたい。
だからこそ、時間を共にする人を大切に想いたい。

みなさま、素晴らしい時を重ねていけますように・・♪♪

データキット 石橋

 ⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!

 ++++++++++++++++++++++++++++++  
++++++++++++++++++++++++++++++ 
  e0021813_1236384.gif







 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  ← 建築関連のブログはこちらへー。

[PR]
by gintonicdiving | 2014-09-24 16:03 | 雑談 | Comments(0)

みなさま、こんにちは!

今月も、もう半分終わりましたねー。
なんて毎日が早いのでしょうー?

って・・毎回言ってますが・・(汗)

時間の感覚って年齢と共に早く感じるそうで。
一番時間が長く感じるのって、小学生なんですってー

でも・・でもですヨ?
大人になっても時間を長く感じさせる方法があるそうな!

それには・・

1. 学びつづける
2. 行ったことのない場所を訪ねる
3. 新しい人に会う
4. 新しい活動にチャレンジする
5. 自発的になる

要は、新しい経験をすると人は時間を長く感じるということなのですが、
大人になると・・特に年齢を重ねると新しい経験自体が少なくなって、
自分にとってはとても慣れた情報だけがショートカットされて入ってくることが、
時間を早めてしまう原因なのだそうです。

と、言うことは・・

コーチングという学びを深め、
仕事で行ったことの無い場所に出張し、
それぞれの場所で新しい人々に出会い、
学びや仕事を通して新しい活動にチャレンジし、
それを自発的に行っている私の時間は
長く感じるはずじゃないデスカー!?

なのに・・なのに-!!

早いのはナゼ??(笑)

データキット 石橋

 ⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!

 ++++++++++++++++++++++++++++++  
++++++++++++++++++++++++++++++ 
  e0021813_1236384.gif







 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  ← 建築関連のブログはこちらへー。

[PR]
by gintonicdiving | 2014-09-20 16:42 | 雑談 | Comments(0)

いつもお越しいただきありがとうございます^^

すっかり秋ですねー!

朝晩は涼しいけど、日中は暑いので、
朝、着ていく服を迷う今日この頃です。^^;


先日、放送していた「グッと!地球便」をたまたま見てたら、
その日は、NPOチャイルドドクター・ジャパンの
宮下久也さんという方が出ていました。

カナダで留学中、暴漢に刺され、このまま死ぬんだって実感した時、
「自分は人の為に何もしてない」ことをものすごく後悔した。
その経験が、今、人の役に立つ為に働くことへ繋がっている・・と。

人は死を覚悟した瞬間、そんなことを思うのかー?!
ってのは、なかなか衝撃的でした。

でも、大げさではなく、人って自分の為だけに頑張るのには
限界があるっていいます。
誰かの為、身近でいうと家族の為だったり、
愛する人の為だったりするからこそ、
底力出して、頑張れるものなのかもしれません。

みなさんは、誰かの為に生きていますか?


データキット 石橋

 ⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!

 ++++++++++++++++++++++++++++++  
++++++++++++++++++++++++++++++ 
  e0021813_1236384.gif







 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  ← 建築関連のブログはこちらへー。

[PR]
by gintonicdiving | 2014-09-16 16:51 | 雑談 | Comments(0)