共依存?それとも相互依存?

みなさま、こんにちは!

今日はちょっとだけ、深いお話を・・

先日、あるTVドラマを見ていて、想い出した映画がありました。

みなさんは、「ドッグヴィル」
という映画をご覧になったことはあるでしょうか?

この映画は、簡単なセットのみでお話しが進行していくという斬新な構成で、
人間の本質とは?を問いかけているような映画です。

人間の中にある善意を信じて、
村の人々に奉仕する主人公。

はじめはありがたがり感謝していていた人々ですが、
次第にそれが当たり前となり、
できていないことに不満を漏らすようになっていく。

それでも耐えていた主人公でしたが、
しまいには目に余る行動をされるようになり、
最後には・・・
という、なんとも後味の悪い結果で終わります。

結末は別として、こんなことって意外と少なくないのではないでしょうか?


人間の善意とは?本質とは?

今の世の中、善意とそれを搾取する人って結構いるなぁと
いろんな関係性を見ていると思います。

この映画に書かれていることは
ある意味本質だと、私も身をもって実感しています。

世の中には、人の善意に付け込んで、搾取する存在は必ずいます。
というより、無自覚に行われていることが非常に多い。

搾取する側も、搾取される側も無自覚なことが多いのです。

そしてこれは、家族間、夫婦間、
そして職場や友人関係の間でも普通に起こっています。

搾取される方法はいろいろですが、
強要されたり、うまく言いくるめられたり、泣きつかれたり・・
酷いときは言葉の暴力や本当の暴力の後の
謝罪や懇願を繰り返すなどということもあるでしょう。

良い人であればあるほど、相手を許し、
何とかできるのは自分しかいないという責任感を持ち、
見捨てることはできません。

でも、これが罠なのです。

搾取する側は心の中で、ラッキーくらいにしか思いません。
感謝は薄れていくものですから。
そして、いつでもあなたの代わりを探しています。

無自覚に、自覚的に。

これは言葉をいいかえると、「依存」になります。

搾取する人とは誰かに依存しなければ生きていけない人のことです。
だから、常に次に依存できる人を探しています。

気を付けなければならないのは、
依存されやすい人の中にもまた、依存されることに
自分の存在意義を見出してしまう人が多いということ。

そうやって、プラスとマイナスが引き寄せられるように、
共依存の関係性は続いていきます。

そんなループを断ち切るにはどうすれば良いのでしょう?

それには、自分が依存されて搾取されているということに気づくことです。
中途半端に自分自身を納得させるのではなく、
「本当に」それに見合う対価は得られているのか?
を現実レベルで考えることです。

だって、搾取する側は自分の得られることに敏感で、
損は絶対しないように動きますが、
搾取される側は、感謝や信頼や目に見えないものに価値をおきますので、
どうしても対価は二の次になってしまうことが多いからです。

実は今流行っている「嫌われる勇気」にあるアドラー的考え方。
本当は、そんな人達の為の考え方だと私は思っています。

自分本位の人は元々嫌われても自分が一番大切というスタンスなので、
実行すれば、もっと嫌われることになりますから。(笑)
(アドラー心理学、ホントはもっと奥が深いです。)

「ノー」が言えない人はと言えるようになりましょう。

もし、映画の主人公も、もっと早くに声を上げていれば、
最後の悲惨な結果を生まずに済んだのかもしれません。


人は一人では生きていけません。
適度な相互依存があるからこそ、家庭や社会はうまく回ります。

私たちは、それぞれの立場はあっても、
人としては「Winwin」です。
その土台があってこそ、相互理解と相互依存により、
個々のパフォーマンスは最大限に発揮され、
良い、家庭、そして良い会社は作られる・・そう思います。


貴方は、依存する側ですか?

それとも依存される側ですか?


データキット 石橋

 ⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!

 ++++++++++++++++++++++++++++++  
++++++++++++++++++++++++++++++ 
 
e0021813_17513443.gif







 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  ← 建築関連のブログはこちらへー。

[PR]
by gintonicdiving | 2017-01-16 17:42 | Comments(0)


建築・リフォーム会社に必要な業務管理システムとは? 顧客管理、利益管理、工事管理、見積作成、情報共有はSAKSAK  ”顧客満足のために”


by gintonicdiving

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

♪♪  おすすめ ♪♪

ファン

最新の記事

「右脳」と「左脳」どちらも鍛..
at 2017-11-11 09:29
コーチは魔法使い (2)
at 2017-11-04 15:28
コーチは魔法使い (1)
at 2017-11-03 13:51
ロジカルシンキングしてますか..
at 2017-10-25 10:00
ロジカルシンキングしてますか..
at 2017-10-24 13:00

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
more...

カテゴリ

全体
saksak
仕事の話
ユーザー紹介
建築業界news
中小企業診断士
楽しい話
美味しい話
本を読もう
環境・健康
ちょっといい話
ためになる話
雑談
未分類

ブログジャンル

ネット・IT技術
建築・プロダクト

画像一覧