Respect for others

みなさま、いつもお越しいただきましてありがとうございます。

今朝、FBで「TEDx KYOTO」にご出演されていた、
僧侶の松山大耕氏のプレゼンを目にする機会がありました。

内容は日本人の独特な宗教観について。

神や仏など、多神教である日本人の感覚は海外の方からすると、
とても信じられないことなのだそうで・・
でも、「世界の宗教家が日本の宗教観に期待している」と締めくくっていました。

日本人の宗教観は、
「Believe in something」ではなく、
「Respect for others」だと言われていたのがとても印象的でした。

なるほど、宗教の名のもとにこれほど多くの紛争が世界中で起こっている。
これは日本では考えられない事態です。

宗教は本来、人々に道を照らし、より良い方へと導くもの。

なのに、今世界中で起こっている、暗く、救われない現状を
どの宗派の神々もどんな想いで見ていらっしゃるのでしょう。

私の尊敬する歴史上の人物の中に聖徳太子がいます。

「 和を以て貴しと為す」

ここでいう「和」とはただ「仲良く」と言うことではなく、
各々が党派や派閥的な見方にこだわっていては、
対立が深まるばかりで道理には到達できない。
道理にかなう結論を正しく見出すため、
党派や派閥的なこだわりを捨て、多くの人と論じ是非を検討しよう。
・・とのことらしい。

遥か1200年以上前に作られた十七条憲法の教えは、
今も日本人の根底に息づいているのかもしれません。

私たち日本人が今世界に対してできることはなんなのか?

朝から、ちょっと難しいですが、
色んな意味で考えさせられる良い時間特になったのでありました。

データキット 石橋

 ⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!

 ++++++++++++++++++++++++++++++  
++++++++++++++++++++++++++++++ 
 
e0021813_17513443.gif







 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  ← 建築関連のブログはこちらへー。

[PR]
by gintonicdiving | 2015-01-14 18:27 | 雑談 | Comments(0)

建築・リフォーム会社に必要な業務管理システムとは? 顧客管理、利益管理、工事管理、見積作成、情報共有はSAKSAK  ”顧客満足のために”


by gintonicdiving
プロフィールを見る
画像一覧