物を教えるということ

みなさま、おはようございます!

寒さが増してきましたが、みなさまお身体など壊されてませんでしょうか?


先日、私は前職場に遊びにいってきました(^.^)

前職は、PC教室の教室長をしておりましたが
現在、元同僚が後を引き継いでくれています♪

私はそこで店舗運営と共に
人に物を教えると言う事を学ばせていただきました

塾や習い事には先生がいます
講師が先生として厳しく指導する教室もあると思いますが

そこは接客要素が強いものでした

生徒さんは生徒であると同時にお客様でもあります
学校の先生はとかく上から物を言う方が多いですが
それでは絶対対応としては不可!

お金を払って学びに来ている以上
生徒さんといえどもお客様なのです

私よりずっと年配の方もいらっしゃいますから
言葉づかいや対応は細心の注意が必要です

ご理解いただけない場合も自尊心を傷つけないよう
「分かりますか?」や「理解できますか?」と言う言葉は使いません
これは、裏返せば「分からないの?」といって
プレッシャーを与えているようなものですから・・

「ここまでは大丈夫ですか?」など、細かいことのようですが
快く理解していただくには、工夫と心配りが必要不可欠なのです

また、相手に理解していただけない時イライラすることは絶対NGです
イライラは相手に伝わりますし
「なぜ、こんなことも分からないの?」と言っているようなもの

何度か言葉についてのお話しをしてきたと思いますが
ほんの些細な言葉の端に人の本心は見え隠れします

他人はそれを敏感に感じ取り・・
快、不快を判断します

実は私は、教えていて伝わらないとイライラする人は
説明の仕方が悪いんだと思っています

相手に理解いただけるよう
いろんな方法を考えてお伝えするのがプロの仕事と言えます

ご理解いただけないなら、理解いただけるようプログラムを変更するか
表現方法を検討する必要がある

当社のSAKSAKにも研修やサポートがあります

1度の研修で、できるだけ全てのお客様にご理解いただけるよう
最前の方法を常に模索しています

サポートについては常にお客様の必要な情報を
的確にご案内できるよう皆が日々努めております

物を教えるということは、自分も学ばせていただいているということ
そう思えたら・・相手の理解に心から喜びを感じることができます

今日、当社の新人が研修デビューしています

当社の研修は同じお客様と何度もお目にかかることはほとんどありません

1回の出会い・・・ 一期一会を大切に

心を籠めた対応をしていって欲しいと願っています

データキット 石橋

リフォームソフトをお探しなら、SAKSAK!!

⇒⇒社長ブログもご覧になって下さいね!


++++++++++++++++++++++++++++++

 【 リフォーム統合管理システム SAKSAK 導入事例はコチラ 】

++++++++++++++++++++++++++++++

e0021813_1236384.gif



【SAKSAKの資料請求はこちら。】





■『 リフォーム統合管理システム SAKSAK 』
リフォーム会社専用の業務支援システム。顧客管理、CRM、粗利管理、見積積算、仕組み作りをバックアップ。 御社の業務の効率化をはかり、収益が残る体質へ導きます。 また、情報の一元管理化でタイムリーな情報の共有が可能に。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


【リフォーム統合管理システム SAKSAKの資料請求はこちらからもできます】


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

← 建築関連のブログはこちらへー。
[PR]
by gintonicdiving | 2011-12-21 11:28 | 雑談 | Comments(0)